「軽症うつ病」の症状まとめ。早期発見できればうつ病は治る!

2020年7月5日健康悩み, 病気予防

知っておきたい「うつ病」の症状

うつ病は、
心と体の機能が低下することで起こる病気

です

症状が軽いうちは精神症状よりも体に不快症状が表れ、
症状が重くなるにつれ体の症状が消えて
精神症状が強くなります

軽症うつの代表的な症状を知っておけば
うつ病の早期発見につながり
症状が軽いうちに病気を治すことが

可能になります

現代のストレス社会では
いつ誰がうつ病になってもおかしくありません
自分や周りの大切な人を救うために
ぜひうつ病の初期症状について知っておいてください☺

Ⅰ.心が重い

うつ病は、気持ちが落ち込んで、
やる気がなくなる
のが特徴です

憂うつな気分や、重い気分が続きます

これは過労によっても表れる症状ですが
うつ病の場合は疲れるほどのことをしていないのに
2週間以上たっても治りません

Ⅱ.仕事に集中できない

軽度のうつ病になると頭痛肩こりなどの
うっとうしい不快症状がなかなか消えず
思考力も落ちて仕事に集中できなくなります

Ⅲ.やる気が出ない

意欲がわかず、気分がもやもやします
今日も頑張ろう!という気持ちになれず
何事にもやる気が出ません

何をしても興味がわかず、楽しむことができません

午前中に症状が表れることが多いです

Ⅳ.体を動かすのが億劫

いろんなことが億劫になり、
体を動かすのがつらくなります

一日中何もせずに
ごろっと寝転んでいたい気持ちになります

Ⅴ.よく眠れない、ずっと眠い

うつ病になると、同時に睡眠障害がはじまります

疲れているのに眠れない、
夜中に何度も目が覚める、
一日中ねむい、
いつもよりかなり早く目覚める
などの症状が表れます

Ⅵ.食欲がない

うつ病になると
胃腸などの消化器の機能が低下するので
食欲がなくなります

内科で胃腸を検査しても
胃腸は何も問題ないと診断されます

Ⅶ.頭痛、耳鳴りがする

体がだるく、頭痛耳鳴りがします

病院では自律神経失調症と診断されることがあります

Ⅷ.性欲がない、減退する

うつ病になると
食欲や性欲、睡眠、活動する意欲など
人間の本能の機能が低下するので
性欲がなくなります

さいごに

・体を動かすのがおっくう
・睡眠障害
・食欲不振
この3つが軽症うつの三大症状
です

今回ご紹介した症状のうち4つ以上当てはまった場合
軽症うつの可能性があります

「うつ病」は甘く見ていると症状が重くなってしまい
自殺や殺人を起こしてしまうほど怖い病気です

「うつかも…」と思ったら
まずは心療内科か精神神経科で診察を受けましょう


病院に行くことはためらわれるかもしれませんが
精神を安定させる薬をもらえば
辛い症状は軽減されます

明るい気持ちで明日を生きるために、
心の不安がある方はぜひ病院に行ってみてください☺

よろしければ「生きるのがしんどい。そんな時に心が軽くなる方法14選」もぜひご覧ください

2020年7月5日健康悩み, 病気予防