「公衆電話」は実はすごい!|いつか役に立つ豆知識

2020年4月10日自己啓発豆知識

「公衆電話」はなぜ、なくならないの?

最近めっきり見なくなった「公衆電話」

厚労省の発表によると携帯電話の普及によって
どんどん減り続けているのです

でも病院では見かけますし
街を歩いているとたまに見かけますね

こんな時代に公衆電話を使う人なんていないのに
なぜ、公衆電話はなくならないのでしょうか?

実は、「公衆電話」は電気通信事業法施行規則で

「社会生活上の安全及び戸外での最低限の通信手段を
確保する観点から市街地においてはおおむね
500メートル四方に一台、それ以外の地域においては
おおむね1キロメートル四方に一台の基準により設置」

という法令が設けられているので
使う人がいなくなっても
なくなることはないのです

「公衆電話」は無料で110番・119番通報できる

実は、「公衆電話」には
無料で緊急通報する機能があるんです

SOSボタンがある公衆電話は
受話器を上げて、SOSボタンを押してから
110・119をプッシュ

SOSボタンがない公衆電話は
受話器を上げてすぐに110・119をプッシュ

何かの時のために覚えておきたいですね!

「公衆電話」は停電していても使える

実は、「公衆電話」は
停電していても使えるんです

停電してスマホの充電ももうない!
でも電話しないといけない用事が!

そんな場合は公衆電話を使えるということを
覚えておくと安心ですね

「公衆電話」は災害時でもつながる

大きな地震などの災害が発生したら
一般の固定電話や携帯電話は
電話回線が込み合って
ほとんどの場合はつながらなくなります

でも、実は「公衆電話」だけは
災害時でもつながる
んです!

「公衆電話」は法律で設けられている優先電話なので
電話回線が込み合っていても規制の対象外なのです

しかも、災害時、公衆電話は無料で使えるんです

いかがでしたでしょうか?

・「公衆電話」は無料で110番・119番通報できる
・「公衆電話」は停電していても使える
・「公衆電話」は災害時でもつながる

ご自宅の近く、職場の近くの
どこに公衆電話があるか
チェックしておくと
何かの時に役に立つかもしれませんよ!

いつか役に立つ豆知識として、
ぜひ覚えておいていただければと思います☺

災害に役に立つ本

災害時に役に立つ情報を知っておきたい!という方には
こちらの本がオススメですよ☺

自衛隊が発行している防災時に役に立つ情報です!
第2弾が出るほど売れている本なんですよ☺

他の【いつか役に立つ豆知識】もぜひご覧ください

2020年4月10日自己啓発豆知識