人生に満足感を♪クオリティ・オブ・ライフ(QOL)を上げる10のポイント

2020年5月22日健康幸せ, 生き方

クオリティ・オブ・ライフ(QOL)という言葉を聞いたことはありますか?「クオリティ・オブ・ライフ」は直訳すると「生活の質」ですが、分かりやすく言うと「自分の人生への満足感」です。

みなさんは、毎日充実していますか?
自分の人生に満足していますか?

今回は、この問いに迷わず「はい」と答えることに戸惑いのある方に向けて、「人生への満足感」を向上させるためのポイントを10個ご提案したいと思います☺

健康的な生活を送るために。

Ⅰ.睡眠の質を上げる

気持ち良さそうに寝ている女性

人生への満足感を向上させるために最も重要なのが「健康」です。健康な体なくして心身が満たされた生活は送れません。そして、健康のために必須なのが「質の良い睡眠」です。寝不足や疲れた体では毎日を楽しく過ごすことはできませんし、気分も下がり気味になってしまいます。

よく眠ることができれば自然とホルモンバランスが整い、ホルモンバランスが整えば自然と気分は好調になります。睡眠時間はある程度とっているのに朝起きるのがつらい、あまりよく眠れないという方は、睡眠のとり方について一度見直されたほうが良いかもしれません。

良い睡眠をとるための方法はこちらの本がおすすめです!分かりやすくてサラッと読めるので、よろしければ参考にしてみてください☺

created by Rinker
¥1,650 (2022/12/04 07:12:48時点 楽天市場調べ-詳細)

Ⅱ.今よりも少しだけ体を動かす

最近、体は動かしていますか?体を動かしたほうが良いのはわかってるけど、面倒だし時間もないし、ついついサボりがち…。そんな方も多いのではないでしょうか?健康な生活を送るためには、体力も欠かせません。ある程度体を動かしていた方が体の免疫力も高まり、風邪をひきにくくなります。

お風呂上りにちょっとだけストレッチ。通勤時は階段を使うマイルールを作るなど、とっても簡単なことでも今より少しだけでも多く体を動かせば、必ず今よりも体力がつきます。あまり気負わず、風邪予防・体力づくりの一環だと考えて一日の中に少しだけ体を動かす時間を作ってみてはいかがでしょうか?

自由な時間をつくるために。

Ⅲ.家電は良いものを選ぶ

仕事をして、家に帰って家事をしていたらあっという間に寝る時間になってしまった…。自由な時間が全然ない…。そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?人生への満足感を向上させるためには「自由な時間」の確保がとても重要です。時間はお金では買えない、とよく言いますが私はお金で買うことができる時間もあると思っています。それが、家事の時間です。

掃除、洗濯、食事の準備などの家事は一握りのとてつもないお金持ち以外、生きる上で逃れられません。でも、現代のハイテク家電を使えば家事の時間を大幅に減らすことは可能です。最新の洗濯機、お掃除ロボット、時短調理器具…。「時間を買っている」と考えれば高機能な家電製品も全然高くありません。自由な時間が足りない方は、ぜひ便利な家電の購入を検討してみてください

Ⅳ.会いたくない人とは会わない

心身共に悪影響なのが「ストレス」です。そして、現代社会ではストレスの多くは人間関係から生じます。学生生活では逃れられない周囲との人間関係も大人になればある程度自由が利きますが、あまり会いたくない人から遊びに誘われても断るのが悪いから何となく付き合っている…。そんなことはないでしょうか?

ひとりが好きな人、ワイワイするのが好きな人。色んな性格の人がいますが、人との関係は自分で選択することができます。あるがままに流されてストレスを感じるのではなく、自分の人間関係の主導権は自分で握ることが大切です。ストレスを感じてまで会いたくない人と会う必要はありません。その分会いたくなる人を増やせば良いのです。人間関係にストレスを感じている方は一度、人との関係を見直してみても良いかもしれません。

居心地の良い空間で暮らすために。

Ⅴ.部屋に「花」を飾る

人生の満足感を上げるためには、毎日を過ごす「お家の居心地」もとても大切です。新しく家具を購入するにはお金がかかるので、すぐに部屋を明るくするための方法として「花を飾る」ことをおすすめします。ちょっとしたお花があるだけで部屋はとっても華やかになります。

生花は種類によっては数日で枯れてしまいますが、花びらの水分が少ないお花を選べば1週間以上楽しめます。また、ドライフラワーやプリザーブドフラワーであれば何か月、何年も楽しめますし、お水を換えるのが面倒な方でも大丈夫。居心地の良い部屋を作るために、まずはお花を飾って部屋に明るさを取り入れてみてはいかがでしょうか?

よろしければ「花を飾りたくなる!おしゃれな「フラワーベース(花瓶)」」もぜひご覧ください

Ⅵ.リビングのテーブルには不要な物を置かない

「お家の居心地」を良くするためには部屋の整理整頓も大切です。多くの日本人は親から「整理整頓しなさい」という教育を受けて育っているので、実際に整理整頓する・しないにかかわらず整理整頓された状態を好む傾向にあるのです。

皆さんのお家は整理整頓できていますか?片付けが苦手…という方は、リビングのテーブルの上だけでも綺麗にすることをおすすめします

仕事から帰ってきて、リビングのテーブルが目に入らない人はいませんよね。絶対に目に入る場所だからこそ、そこだけでも綺麗にしておくことでお家に帰って電気をつけた時の安心感が変わります。もし部屋が散らかり気味であれば、ぜひ、リビングのテーブルの上をお片付けしてみてください☺

Ⅶ.「ベッドメイキング」する

みなさん、朝起きてベッドを出た後、ベッドの上の布団はどうしていますか?ベッドから出たままぐちゃっとなっている方が多いのではないでしょうか?ぜひ、1日だけ、朝起きた後に布団を整えてみてください。「終わり良ければすべて良し」と言いますが、1日の終わりを気持ちよく迎えることは重要です。

さあ寝ようと思ってベッドを見た時、ベッドメイキングされているととっても気持ちよくベッドに入れます。だまされたと思って、一度試してみてください☺

楽しく生きるために。

Ⅷ.「楽しみ」をつくる

みなさんには、「毎日の楽しみ」はありますか?「楽しみ」があると、生活は格段に豊かになります。そして、「楽しみ」は自然に舞い込んでくるのを待っていてはいけません。「楽しみ」は自分で作るものです。

毎日違う楽しみがあればベストですが、「月曜日は映画を観る日!」というふうに曜日ごとに楽しみを決めてみたり。「今月の楽しみはここのレストランに行くこと!」と毎月1回ちょっといいレストランを予約してみたり。心身ともに満たされた生活を送るために、定期的にお楽しみイベントを作ることをおすすめします。想像すると笑顔になれる、その日のためにがんばれる、ぜひ、そんな「楽しみ」を作ってみてください♪

Ⅸ.疲れた時の「ご褒美」を決めておく

どんなに健康に楽しく生きていても「疲れた…」と思う瞬間は誰にでもあるものです。みなさんは「疲れた…」と思った時に意識してリフレッシュしていますか?疲れた時にきちんとリフレッシュできるかは心身ともに満たされた生活を継続するためにはとても重要です。

「疲れた」と思った時にすぐにリフレッシュできるように、リフレッシュの方法はあらかじめ決めておきましょう!おすすめは「自分へのご褒美」です。

心の中で思わず「疲れた」とつぶやいてしまったら自分へのご褒美でちょっと高級なチョコレートを買う。マッサージに行く。気分転換の本を買う。など、ご褒美は何でも構いません。大切なのは、自分が疲れていることを客観的に認識してリフレッシュのための行動を起こすことです。今まで特に意識してリフレッシュしていなかったという方は、これを機にリフレッシュの方法を考えてみてはいかがでしょうか?

Ⅹ.「やってみたいことリスト」をつくる

人間の脳は、「新しいこと」が大好きです。新しい本を読んだり、新しい場所に行ったり、どんなに小さなことでも「新しいこと」をすると脳内に幸せホルモン「ドーパミン」が増えて人は幸せな気分になります。逆に平凡な毎日を送っていると脳は退化して、認知症になるリスクも高まります。

充実した人生を送りたいと思う方はぜひ、これを機にどんな小さなことでも良いので「やってみたいことリスト」を作ってみてください。「釣りに行ってみたい」というような小さな夢から「モンサンミッシェルに行きたい」というような大きな夢まで、どんなことでも構いません。そしてちょっと時間がある時にはそのリストを見て、小さなタスクを実現したり大きなタスクの計画を立てたりしましょう♪

よろしければ「知ってた?「幸せホルモン」は自分で作れる!【ドーパミン編】」もぜひご覧ください

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分の人生への満足感を上げるためには、
第一に、健康になる
第二に、自由な時間を確保する
第三に、お家を居心地よくする
第四に、やりたいことを実現する
です。

今回ご紹介した10のポイントのうちどれか一つだけでもお役に立ち、みなさまが今よりもさらに幸せな生活を送るためのきっかけになれば幸いです♪

2020年5月22日健康幸せ, 生き方