ジグソーパズル「真珠の耳飾りの少女」の作り方

2020年5月25日インテリア雑貨おうち時間, 趣味

エポック社の世界最小スーパースモールサイズ
2000ピースのジグソーパズル
「真珠の耳飾りの少女」を作ってみました!

とっても難しかったので、
これから挑戦される方に向けて
おすすめの作り方をご紹介したいと思います☺

ジグソーパズル「真珠の耳飾りの少女」2000ピース
created by Rinker

Ⅰ.エリアを分ける

ジグソーパズルはまず枠を作って、
それから色ごとに分かりやすい部分から
作るのが鉄則です

まずはパズルを始める前に、
完成図を見て色ごとにエリア分けをしましょう

「真珠の耳飾りの少女」の場合、
おすすめのエリア分けはこちらです

①パズルの枠
②顔(肌色+目・口・耳飾り)
③ターバンの青い部分
④ターバンの黄色い部分
⑤服の襟(白い所)
⑥服(黄土色)
⑦背景(黒)

Ⅱ.ピースを分類する

エリア分けが終わったら、
次にエリアごとにピースを分類しましょう

どのエリアなのかわからないピースは
「わからないピース」として
よけておいても構いません

可能であれば顔部分は
さらに「目」「口」「耳飾り」をよけておくと
あとで顔を作りやすいですよ

ピースの分類はとても面倒ですが、
もし全部見るのが面倒だからと言って
最初に全ピースの中から
枠のピースだけを抜き出したりすると、
パズルの内側を作る時に
再度ピースの分類が必要になってしまい
結局二度手間になります
(私は二度手間になりました…)

最初にきちんと分類する方が絶対に効率的なので、
根気よく頑張ってみてください☺

Ⅲ.エリアごとに組み立てる

おすすめの手順

おすすめの組み立て順はこちらです

【簡単エリア】
①パズルの枠
②服の襟(白い所)

【普通エリア】
③顔(肌色+目・口・耳飾り)
④ターバンの青い部分
⑤ターバンの黄色い部分

【難関エリア】
⑥服(黄土色)

【超難関エリア】
⑦背景(黒)

①~⑤の簡単・普通エリアは
ピースの分類さえしてしまえば
普通のジグソーパズルの要領で楽しめます

⑥・⑦の難関・超難関エリアは
本当に…かなり大変です

気合を入れて取り掛かりましょう!

Ⅳ.手詰まりになったら

最後の手段

「真珠の耳飾りの少女」では
背景の真っ黒は言わずもがなですが
服の部分もかなり難関でした…

完成図を見ると服には
色の濃淡があるように見えますが
ピース単位になると全く分かりません

影で黒くなっている部分も
ピースとしては背景の黒とほぼ同じ色なので
何が何やら…の状態でした

ピースの表面の色だけではもう無理…
私と同じようにそういう状態に陥った方は
「裏返し作成」に切り替えましょう

パズルの箱の底面にも記載がありますが
パズルの裏面にはヒントとして
下図のような柄がついています

パズルの裏面は6つの柄に分かれています

表面を見て組み立てるのに手詰まりになった場合は
この裏面の柄を頼りに組み立てましょう

ちなみに私は手順⑥の服の途中で
表面での作成はギブアップしました
その後は全て「裏返し作成」で完成させました

「裏返し作成」とは?

「裏返し作成」というのは、
「パズルの裏を見ながら作成する」という意味ではなく
「パズルを裏返しにして作成する」という意味です

私も最初は裏返しで作成するなんて
到底無理だと思っていましたが
真っ黒な表面を見て作るよりもよっぽどラクチンで
ピース裏面の柄のおかげで
ちゃんと完成させることができました

「裏返し作成」のコツ

裏返し作成のコツは3つあります

【コツ①】
ピース裏面は6つの柄に分かれていますが、
柄が交差する箇所のピースには2つの柄が入っています

2つの柄が入っているピースは
すごく組み立てやすいので
先に抜き出して組み立ててしまうことをおすすめします

【コツ②】
ピース裏面の柄は
「直線」の太線・中線・細線
「波線」の太線・中線・細線
の6つに分かれています

私が作ってみた感じだと
線は「直線」、線の幅は「太線」の方が簡単です

まずはピース裏面が「直線・太線」のエリアから
チャレンジすることをおすすめします

【コツ③】
裏返し作成するエリアの「枠」を作る

裏返し作成するまでに
パズルの枠や顔・体の部分は
それなりに出来上がっているはずです

裏返し作成する際は
出来上がっている所もあえて一部裏返して
裏返し作成するエリアの枠を作ることをおすすめします

まだはまっていないピース同士を試行錯誤するよりも
完成している枠にはめていく方が簡単ですよ!

Ⅴ.作成にかかる時間

パズルの箱の底面には2000ピースのパズルは
組み立て時間目安「24~32時間」と記載があります

私は時間を測っていたわけではないのですが
そんな時間では到底終わりませんでした…

パズルをするのが
小学生以来だったこともあるのかもしれませんが
ものすごく…時間がかかりました

でも、完成した時の達成感はひとしおです!
せっかく完成したので
額に入れて絵画のようにお家に飾ることにしました

これからチャレンジされる皆さま、
最後まで諦めずがんばってください☺

2020年5月25日インテリア雑貨おうち時間, 趣味