本気で「お金」を考える。人生を変える資産管理の方法

2020年6月26日自己啓発お金, 習慣, 生き方

「お金」に不安はありますか?

みなさん、「お金」に関する不安はありますか?

収入が少ない、出費が多い、貯金が貯まらない、
漠然と将来のお金が心配、老後の資金どうしよう…

少数のお金持ちの人以外、大抵の方は何かしら
お金に関する心配事があるのではないでしょうか?

「お金の余裕は心の余裕」と言いますが
それは逆に言うと、
「お金に余裕がなければ心に余裕がなくなる」
ということでもあります

お金の余裕がないと人は不安になってしまい
不安になるとイライラしたり
周りの人に優しくできなくなってしまいます

では、お金の不安をなくすには
どうすれば良いでしょうか?

今回は、お金の不安をなくすための
一生役に立つ資産管理法をご紹介したいと思います☺

ちなみに念のために先に申し上げておくと
これからご紹介することは全部無料で実践できます

私が個人的に実践していることを
趣味でご紹介するだけなので
保険や証券の勧誘もありません

実際にやってみる・やってみないは置いておいて、
タダなので暇な時に読むだけ読んでいただければと
思います☺

「お金」の不安をなくす3ステップ

お金の不安は3つのステップを踏むことで
必ずなくすことができます

Ⅰ.自分の現在の資産を正しく把握する
(今、いくら持っているか)

Ⅱ.将来の収支をシミュレーションする
(これから資産がどうなっていくか)

Ⅲ.毎月家計簿をつける
(毎月シミュレーション結果と実際の差異を把握)

これだけで自分の資産の全体像を
正確に把握することができて、
お金に関する漠然とした不安は絶対になくなります

Ⅰ.自分の現在の資産を正しく把握する

お金の不安をなくしたい!という方は
まず最初に、現在の自分の資産を把握しましょう

自分がどのくらいの資産を持っているか
パッと言えますか?

今回、資産として考えるものはこちらです
・現金残高
・投資信託・株式
・不動産(投資用)
・確定拠出年金

株式・投資用の不動産なども資産として考えますが、
今回は「将来お金に換えられるもの」の
資産価値を把握することが目的なので、
住居として住んでいるお家は省きましょう

ちなみに、私は現在の資産状況の把握には
マネーフォワード」という無料アプリを
利用しています

銀行口座やカードと連携していて
自動で現在の資産状況を把握できるので
とっても重宝しています

もちろんほかのアプリでも良いのですが
資産状況を把握できていない方は
アプリの利用をおすすめします☺

Ⅱ.将来の収支をシミュレーションする

続いて、ステップ2では
「将来の収支」をシミュレーションしてみましょう

ちなみに「収支」というのは
「毎月の収入と支出」のことです

「将来の収支」のシミュレーションは
資産管理を行う上でとっても大切です

「将来の収支」シミュレーションはどうして必要?

例えば…
あなたに小さな子供が2人いたとします

私立大学理系の4年間の学費は
入学費+4年間の学費で約900万円ほどかかると
言われています
子供が2人だと1,800万円必要です

さて、あなたの家庭はその学費が払えますか?

こういうお話をすると
子供の学費のことを考えたことがない方は
学費ってそんなにかかるの?!と思うかもしれませんし

学費貯金をされている方は
毎月貯金してるから大丈夫!と思うかもしれません

ただ、学費貯金されている方にもう1つ聞きたいのは
学費以外のお金は大丈夫ですか?ということです

大学だけでなく中学や高校でも学費はかかりますし
子供が大きくなるとその分生活費も上がります
おこづかいも必要ですし、塾の費用もかかります

本当に毎月変わらず一定額貯金を続けて
さらに今よりもグッと多くなる生活費も
しっかりカバーできますか?

…そんなこと言われるとさらに不安ですよね

生涯にわたってお金に困らず生活するためには
「学費」のことだけ考えていてはいけません
学費以外のお金なんて何とかなると思っていると
予期せぬ出費が発生した際に対応できませんよ

毎月の生活費のレベルまでしっかり考えることで
お金の不安はなくなるのです

そんなこと言われても…
将来必要なお金を生活費レベルまで考えられるか!と
思われるかもしれませんが、
それが意外に簡単に考えられるんです

これからご紹介する資産管理表を作れば、
最初の「子供2人の学費1,800万円大丈夫?」
という問いにも

1人目の子供が18歳の時点で我が家の資産は●●円
毎月の生活費は合計●●円かかる予定で
毎月の収支は●●円
子供が2人とも大学に通っている期間は
毎月の収支はちょっと赤字になるけど、
子供が大学を卒業すればまたお金が貯まりだす
定年の年には●●円貯まっている予定だから
夫と海外旅行をする予定なの!

と具体的に答えることができるようになります

そんな風に、自分のお家の資産を管理できたら
もう「お金に不安がある」なんて思いませんよね

むしろ予定よりもお金がいっぱい貯まってるから
今年はハワイに行こう♪と
お金の心配がなくなったことで
「今」をより楽しく生きられるようになりますよ☺

一生モノの「資産管理表」 フォーマット作成

それでは、これから一生お世話になる資産管理表のフォーマットを作りましょう

ステップ3では、
これから作成するフォーマットに毎月実際の収支を書き込んでいくことで
シミュレーションした内容と実際の収支の誤差を把握するので、
このフォーマットは「エクセル」で作ることをおすすめします!

エクセルを無料で使う方法もあるようなので
もしパソコンにエクセルが入っていない方はネットで検索してみてください☺

どうしても手書きにしたい!という方は、
シミュレーションする用と、実際の収支を書く用、2つ作ってもOKです☺

フォーマット完成図(詳細項目は非表示の状態)

一生モノの資産管理表 完成イメージ(詳細項目は非表示の状態)

①「年・月・家族の年齢」の項目を作る

まずは、「年・月・家族の年齢」の項目を作りましょう

「年月」は、フォーマットを作る月の
前月から作ることをおすすめします!

お子さんはまだいなくても
2人ほしいのであれば2人分項目を作って
希望年月に生まれると仮定して記入しましょう

②「資産」の項目を作る

続いて、「資産」の項目を作りましょう
図では例として「確定拠出年金」なども
記載していますが、
保持している資産だけで大丈夫です

資産が複数ある場合、
「資産合計」の項目を作りましょう

③「収支」の項目と「収入」の項目を作る

「収支」と「収入」の項目を作りましょう

「収入」は図を参考にして
項目を細かく設定してください

④「支出」の項目を作る

「支出」の項目を作りましょう
支出の項目を細かく設定することで
シミュレーションの精度を上げることができます

家計簿アプリを使っている場合、
アプリの項目と同じ名称・並び順にしておけば
今後家計簿がつけやすいですよ♪

予想できない支出は必ずあるので、
最後に「その他支出」の項目を作りましょう

⑤夫婦の場合

夫婦の場合は、夫と妻、
それぞれ分けて項目を作りましょう

その場合、最後に「お家の資産合計」の項目を
作っておきましょう

⑥計算式を設定する

自動で計算したい項目に計算式を設定しましょう

・収入計=収入に関する項目の合計
・支出計=支出に関する項目の合計
・支出=収入-支出
・お家の資産合計=夫の資産合計+妻の資産合計

⑦項目をグルーピングする

最後に、このままだと横長で見づらいので
項目をグルーピングしましょう

例えば「収入」の項目は普段「収入計」だけ表示して
その他詳細な項目は非表示にしたい場合、
非表示にしたい項目の列をマウスで選択後
〈データ タブ〉-〈アウトライン〉-〈グループ化〉で
グルーピング設定することができます

完成!

完成です!
フォーマットはいつでも項目の追加・削除ができるので
神経質になる必要はありません

めんどくさくなって止めてしまう方がもったいないので
最初はざっくりなフォーマットで大丈夫ですよ♪

一生モノの「資産管理表」 先月の情報を入力する

①先月の項目に「現在の資産」を入力

フォーマットができたら、
さっそく情報を入力していきましょう

まずは「先月」の年月の行に
ステップ1で確認した
「現在の資産額」を入力してみてください

②先月の「収入」を入力

続いて、先月の「収入」を入力しましょう

③先月の「支出」を入力

先月の「支出」を入力しましょう

④内容を確認

計算式を設定していれば、
「収支」や「お家の資産合計」などは
自動的に表示されているはずです

計算式の設定が間違っていると大変なので
表示されている金額が正しいか
しっかりチェックしておきましょう

これで、「夫婦それぞれの資産」
「一家の総資産」「月の収支」を
把握することができましたね☺

ここまで終われば
一生モノの資産管理表の完成まで、あと一息です

将来の収支をシミュレーションしていきましょう!

将来の収支をシミュレーションする

続いて、将来の収支をシミュレーションしてみましょう!
先月の金額をもとに、各項目の金額を100歳まで埋めてみてください

もちろん全部手入力なんて無理ですよね!
1行きちんと入力したら、あとはコピペでOKですよ!

毎月使うお金がそんなに大きく変わることはないと思いますので、
「子供が生まれる」「子供が小学校に入学する」など
大きな転機がある月の収支を調整、それをまたコピペの繰り返しです♪

シミュレーションした金額は仮なので、文字の色を変えておくとわかりやすいですよ♪

「資産」の項目は、
「前月の資産+今月の収支=今月の資産」です

今月の収支がプラスであれば資産が増えていき
今月の収支がマイナスであれば資産が減っていきます

エクセルはマイナスの場合自動的に赤文字になるので
「収支」を見ればどの月が赤字か一目瞭然です

シミュレーションする際は、「必要経費」だけでなく
「こんなことをしたい」と思うことも含めて
シミュレーションすると良いですよ♪

例えば、毎年夏に海外旅行に行きたいのであれば
その金額もシミュレーションに含めましょう

定年退職後に豪華客船で世界一周したいのであれば
その金額もシミュレーションに含めましょう

シミュレーションに含めて、
その結果資産に問題が生じないのであれば
シミュレーション通りの生活を送れば
絶対に「やりたいこと」は実現できます

もしシミュレーションした結果
お金が足りないのであれば、
どうすればお金が足りるようになるか
考えればよいだけです
まだまだこれから時間はたくさんあります

Ⅲ.毎月家計簿をつける

一生モノの資産管理表に
将来のシミュレーションを入力し終えたら
あとは毎月現状把握のために
家計簿をつけていくだけです!

多くの人は「家計簿」を毎月の収支管理のために
使っていますよね

今月は日用品にいくら使った、美容日にいくら使った…
確かに「いくら使ったか」を管理して
来月の出費を抑えることは大切ですが
それだけだと木を見て森を見ずです

その月その月の支出は「木」です
もっと大切なのは「森」である「お家の資産」です

お家の資産がきちんと築けているのであれば
その月にちょっとお金をたくさん使ったくらいで
心配する必要はありませんし
収入より支出の方が多いからと言って
不安になる必要はありません

「木」しか見ていないと
貧相な「森」しかできません

大きな森を作るためには
しっかりと全体把握をしたうえで
細部の管理をすることが大切です

将来お金に困らないようにするために、
今日から資産管理を始めてみてはいかがでしょうか?

2020年6月26日自己啓発お金, 習慣, 生き方