【体験談】神戸市の「市民救命士講習」に行ってきた!

2020年3月1日自己啓発, 神戸情報病気予防

神戸市の「市民救命士講習」って何?

神戸市消防局では、
周りの方が急に生命の危険にさらされた際に
簡単で効果の高い応急手当が行えるように無料の講習会を行っています

先日、講習会に参加してきたので
参加を検討されている方のために
講習会の内容をご紹介したいと思います☺

講習会にはいくつかコースがある

神戸市消防局が開催している救命講習には
下に書いているようなコースがあるので
この中から参加するコースを選ぶことができます!

各コースの日程などの詳細は
神戸市のホームページでご覧いただけます

普通救命
コース1
呼吸や心臓が止まったときに必要な電気ショックを含めた
応急手当などが習得できます
ケガの手当
コース
骨折、外傷などのケガに役立つ応急手当が習得できます
小児コース小児、乳児の呼吸や心臓が止まったり、食物等が喉に
詰まったときに必要な応急手当などが習得できます
上級コース上記の各コースに加えて、体位管理、搬送法などが
習得できます(一定の頻度でAEDを使用する可能性の
ある方向けの内容を含んでいます)
救急インストラクター講習
(3日間)
より高度な応急手当及び指導技法が習得でき、
地域や事業所などにおいて応急手当を普及、指導する
救急インストラクターの資格が取得できます
救急インストラクター再講習救急インストラクターで培った技能の再確認
普通救命コース1再講習普通救命コースⅠで培った技能の再確認

※ピンク背景のコースは2回目以降の方向けです

「普通救命コースⅠ」はどんな内容?

今回私が参加したのは「普通救命コース1」なので
「普通救命コース1」の内容についてご紹介していきます☺

申し込み~講習が始まるまで

【事前】神戸市のホームページをチェック

まずは神戸市のホームページ
講習会の日程や空き状況を確認しました

【事前】電話で参加申し込み

続いて、電話で参加申し込みを行いました

ホームページには持ち物として
「人工呼吸用マウスピース」とありますが
電話受付の方が人工呼吸用マウスピースは

当日受付で300円で買えることを教えてくれました!

神戸市防災コミュニティセンター

私は「神戸市防災コミュニティセンター」
受講する日程だったので
阪神「高速長田駅」から歩いていきました

受付

当日は9:30開始でしたが
マウスピースも買わないといけなかったので
9:10くらいには到着しました

早めに着いたので1番かと思いましたが
すでに3分の1くらいの人は来られてました

受付に行くと、
参加者を8人ずつ4班に分けた紙が掲示されていました

※ちなみに私は主人と2人で予約しましたが、班はバラバラでした
一緒に予約したからと言って同じ班になるわけではないようです

自分の班を確認後、氏名や住所を書く紙を渡されて記入
紙を提出して受付完了!

人工呼吸用マウスピース購入

人工呼吸用マウスピースは
受付にあったガチャポンみたいな機械で購入しました

ちなみにこういうやつでした↓

講習が始まるまで待機

会場は下の写真の場所でした。
ここにパイプ椅子が並べられていて、そこに座って開始時刻まで待ちます

ちなみにトイレは
このホールを出てすぐの場所にありました

講習の内容

救命の流れの動画視聴

まず初めに、
人が倒れているところに遭遇したらどうすれば良いか、
全体の流れがわかる動画を全員で視聴します

30分くらいの動画だったように思います

ちなみに、事前に自宅で動画を視聴することもできるようで
事前視聴を選択された方は
当日3時間の講習が2時間に短縮されます


事前視聴を選択された方は
私たちよりも集合時間が遅いようでした

実技練習①全体の流れ

実技練習は班に分かれて行います

講師はおそらく定年後再雇用された消防士の方で
少しお年を召された男性の方々でした

講師の方が動画で説明があった救命の流れを
前で人形相手に実際にやってみて教えてくださいます

その後、実際に1人ずつ前に出て練習します

心臓マッサージ
人工呼吸

一回りしたら、
次に先ほどとは逆の向きから心臓マッサージ・人工呼吸する練習を
もう一度1人ずつ前に出て練習します

実技練習②AEDの使い方

続いて、講師の方からAEDの使い方を教えていただきます

AEDには小児モードがあるということや
ペースメーカーをつけている人の場合どうすれば良いか
など注意点を踏まえて具体的に教えていただきます

その後、1人ずつ実際にAEDを使う練習を行います

実技練習③回復の体位の取らせ方

続いて意識がない人に回復の体位を取らせる方法を教えてくれます

回復の体位

これは2人一組になって人を相手に練習しました

実技練習④のどに詰まった時の対処方法

最後に、喉に食べ物が詰まった時の対処法
教えていただきました

これは人形相手に一回り練習します

修了書をもらう

講習終了後、講師の方から修了証をいただきます
これは講習を受けると必ず頂けるもので
講習中にテストなどはありません

解散

講習の進行スピードは講師の方によりけりで
修了証をもらった後は班ごとに解散でした

講習時間は「9:30~12:30」の予定でしたが
私の班は12:00に解散し、
12:30までは何かあれば質問する時間でした
(みんな解散してすぐに帰っていました)

ちなみに主人の班は12:20くらいまでかかっていたので
一律12:00に終わるわけではなく
講師の方によりけりのようです

どういう人が参加している?

私が参加した講習会は
性別は「男性7割女性3割」くらいの比率で
年代は20代~70代くらいまで色々でした

講習中は周りの人と話す時間がほぼないので
詳しい参加理由はわかりませんが
見た感じ、主にスポーツジムや警備会社など
救命が必要になる可能性がある方などが
会社の要請で参加しているように見受けられました

もちろん私や主人のように
自主的な参加者もいたはずです

参加して良かったか?

私たちは、参加してとても良かったと思いました

人が倒れている時は救急車を呼んだり、
AEDを使ったり、人工呼吸や心臓マッサージをすれば良い
ということは知識として知っていましたが
もしその場に居合わせても
やってみたことがなければ中々できるものではありません

AEDなんて、使ったことがなければ
怖くて使えません

使ったことがあれば、
万が一の時に使うことができます

何かの時のためにすごく役に立つ講習でしたので
興味がある方はぜひ参加してみてください☺

2020年3月1日自己啓発, 神戸情報病気予防