『賢い子どもは「家」が違う!』で紹介されたおすすめ本まとめ【地図編】

2020年7月4日子育て, 本・漫画幼児教育

どんな本?

賢い子どもは「家」が違う!

『賢い子どもは「家」が違う!』は
教育環境設定コンサルタントの松永暢史さんの著書

松永さんはカリスマ家庭教師とも呼ばれている
教育のスペシャリスト

色んなお家に家庭教師に行くうちに
「賢い子」がいるお家には共通点があることに気付き
子どもの教育にベストなお家の整え方を
アドバイスするようになったそうです

この本には、「賢い子」が育つお家の作り方が
わかりやすくまとめられています

「なるほど~」と思うことが
たくさん書かれていて
読むととっても勉強になりますよ

私は読んだ本を必ず5段階評価するのですが、
この本は私の中で「星5つ」の最高評価です

10歳までのお子さんがいらっしゃる方には
ぜひ読んでみていただきたいです☺

子どものために、どんな本を家に置けばよい?

『賢い子どもは「家」が違う!』では
賢い子どもがいるお家には必ず本があると
書かれています

「本を読む子は賢くなる」というのは
最近では子育ての常識になりつつありますよね

では、子供のために
どんな本をお家に置いておけば良いのでしょうか?

1つ目は、「子ども名作全集」です
子どもの教育がうまくいっているお家には
必ずと言ってよいほど「子供名作全集」があるそうです
詳しくは「子ども名作全集の記事」をご覧ください

2つ目は、「図鑑」です
子どもの好奇心を刺激して
学ぶ意欲を育むには図鑑が一番だそうです
詳しくは「おすすめ図鑑①の記事」をご覧ください

3つ目は、「考える力」を育む本です
子どものころから自分で考える力を身に着けるには
イラストの多いわかりやすい本がおすすめだそうです
詳しくは「おすすめ哲学書の記事」をご覧ください

そして今回紹介する4つ目は「地図」です
家族旅行の計画などで「地名」が話題になったら
地図を開いて楽しむことで
「地理」に出会う前に自然と日本・世界各地の情報を
インプットすることができます☺

マップス 新・世界図絵(徳間書店)【小学校低学年~】

ポーランドで人気の絵本作家夫妻が
世界の国々をすみからすみまで調べあげ
まる3年かけて地図とイラストを描いた本

食べ物、歴史的な建物、偉大な人物、動物、植物…
すべてのページに数えきれないほどのイラストが
ぎっしりつまっていて見ているだけで楽しめる

世界各国への好奇心が刺激される1冊です☺

世界をぼうけん!地図の絵本(実業之日本社)【小学校低学年~】

created by Rinker
¥1,563 (2022/12/04 06:57:58時点 Amazon調べ-詳細)

野生の生物や歴史的な建物、
遊びやスポ^津などを地図上のイラストで解説

表紙に「WORLD ATLAS」と大きく書かれていますが
中身は日本語なのでご安心を

取り外して大きく広げて楽しめる
付録の世界地図ポスターや
めくって楽しいしかけもたくさんあります☺

考える力がつく 子ども地図帳〈日本〉(草思社)【小学校3年生~】

名産名所、地形など各都道府県の特色が
イラストで分かりやすく表現されています

地名が話題になった時に
まずは親が地図を開いて説明することから始めて
いずれ子どもが自分から開いて
調べるようになるのを待ちましょう☺

街の達人 (マップル)【大人と一緒に読む本】

created by Rinker
¥3,850 (2022/12/04 06:57:59時点 Amazon調べ-詳細)

「東京」や「千葉」など都道府県ごとに
1冊の本になっているマップル
住んでいる地域の地図をお家に置きましょう

大きな文字でスーパーや医療機関等、
暮らしに役立つ情報が満載

最近はグーグルマップで何でも調べられますが
お子さんと外出する時には学習のために
地図を利用することをおすすめします☺

プレミアムアトラス 日本地図帳(平凡社)【大人と一緒に読む本】

主要都市図、自然や市町村のデータ、
山の標高などより詳しいデータが掲載されています

カラーで見やすく、中学生になっても使えます☺

まとめ

「地図」は読むだけでも楽しいですが
実体験と結びついてこそ生きた知識になります

地図で見た場所に実際に行ってみられれば一番ですが
それ以外にも、
晩ごはん時に野菜の生産地を話題にしてみたり
ニュースで見た地域について調べてみたり
ぜひ「日常」に「地図」を取り入れてみてください☺

2020年7月4日子育て, 本・漫画幼児教育