『賢い子どもは「家」が違う!』で紹介されたおすすめ本まとめ【図鑑編①】

2020年7月4日子育て, 本・漫画幼児教育

どんな本?

賢い子どもは「家」が違う!

『賢い子どもは「家」が違う!』は
教育環境設定コンサルタントの松永暢史さんの著書

松永さんはカリスマ家庭教師とも呼ばれている
教育のスペシャリスト

色んなお家に家庭教師に行くうちに
「賢い子」がいるお家には共通点があることに気付き
子どもの教育にベストなお家の整え方を
アドバイスするようになったそうです

この本には、「賢い子」が育つお家の作り方が
わかりやすくまとめられています

「なるほど~」と思うことが
たくさん書かれていて
読むととっても勉強になりますよ

私は読んだ本を必ず5段階評価するのですが、
この本は私の中で「星5つ」の最高評価です

10歳までのお子さんがいらっしゃる方には
ぜひ読んでみていただきたいです☺

図鑑・資料が子どもの主体性を育てる

『賢い子どもは「家」が違う!』では
賢い子どもがいるお家には必ず本があると
書かれています

「本を読む子は賢くなる」というのは
最近では子育ての常識になりつつありますよね

では、賢い子どもを育てるには
どんな本を与えれば良いのでしょうか?

ずばり、「図鑑」と「資料」です

子どもはいろんなものに興味を持って
言葉を覚えると「なんで?」「なんで?」と
何にでも興味を持って大人に尋ねだします

そんな時に忙しいからと言って適当に答えたり
なんでだろうねーとそのままにしてはいけません

子どもの「好奇心」を大切にして
「知ることの喜び」を教えることが
賢い子に育てるための第一歩です

お家の子どもがすぐ手が届くところに
「図鑑」や「資料」を置いておいて、
子どもの「なんで?」が始まったら
一緒に調べてあげましょう

「知らないことは本で調べる」ということを
物心つく前に教育することで
学ぶことの楽しさ、本を読むことのすばらしさを
自然と身に着けることができます

もう少し大きくなったら一緒に調べるのではなく
「図鑑で調べてお母さんに教えてね」と答えることで
人に説明する力も身に着けることができます

それではこれから、松永さんおすすめの図鑑を
まとめてご紹介していきます!

せいかつの図鑑(小学館)【3歳~小学校低学年】

「ちょうちょ結びのやり方」「和式トイレの使い方」
「そうじの仕方」など、生活に必要な知識の図鑑

大きな写真やイラスト付きなのでわかりやすい!

お子さんが自分で読むのも良いですし、
お母さんが「子どもに教えないといけないこと」の
参考書としても使える♪

幼稚園の入学祝などにもぴったりです☺

子ども大百科 大図解(小学館)【小学校低学年~】

created by Rinker
¥3,960 (2022/07/01 04:42:58時点 楽天市場調べ-詳細)

身の回りの道具や機械、話題の乗り物や建物など、
普段よく見かけているモノの内部の仕組みを大図解!

12万部超のベストセラー図鑑です

関連項目の表示や博物館・資料館などの情報、
関連書籍の紹介なども掲載されていて
もっと知りたい!と思わせる仕組み満載☺

せいめいのれきし 改訂版(岩波書店)【4歳~】

地球上に生命が生まれてから、今までのおはなし

いろんなサイトで紹介されていますが
「対象年齢」は「4歳~」と書かれていたり
「10歳~」と書かれていたりまちまち…

一緒に読んであげるのであれば4歳でもOKでしょうし
一人で読ませるのであれば小学校低学年以降が
良いかもしれません

「地球」「歴史」「恐竜」など
日常では触れない概念に触れることができるので
大きな学びになるはずです☺

たっぷりしゃしんずかん(ひかりのくに)【0歳~2歳】

0歳~2歳の子どもが好きな動物・昆虫・電車・車など
200点の写真を集めた図鑑

絵本だけだと子供にとって
物をリアルに感じるのは難しいですが
写真であれば実物と結びつくので
正確に物の名前を覚えることができます

絵本と写真で同じものを見比べてみても
楽しいかもしれません☺

危険生物(講談社の動く図鑑MOVE)【3歳~小学生】

肉食獣やサメはもちろん、毒ヘビ、毒ガエル、
ワニ、怪魚、猛禽類などなど選りすぐりの危険生物を
大きな写真とイラストで紹介した図鑑

NHKのスペシャル映像DVD付きなので
生物をリアルに感じることができます

「動物」や「自然」に
興味を持つきっかけになるかもしれません☺

『賢い子どもは「家」が違う!』で紹介されたおすすめ本まとめ【図鑑編②】に続きます!

2020年7月4日子育て, 本・漫画幼児教育