初心者でも簡単。心ときめく「フラワーボール」の作り方

2020年6月4日インテリア雑貨おうち時間, 趣味

「フラワーボール」とは?

「フラワーボール」とは、
ボールの全面にお花をあしらった
可愛らしいお花のボールことです

造花、ドライフラワー、プリザーブドフラワーなどで
作ることができます

インテリアとしてお部屋に飾ったり
結婚式のウエルカムボードの飾りつけに使ったり
いろんな使い方ができます

今回はプリザーブドフラワーを使った
フラワーボールの作り方をご紹介したいと思います☺

完成イメージ

今回ご紹介する流れでできるのは
こんなイメージのフラワーボールです

あじさいのプリザーブドフラワーを使っています

軸にするボールの大きさにもよりますが
手のひらサイズのフラワーボールで
ゆっくり作って60分くらいだと思います

準備するもの

【必須】
・お花をあしらうボール
・お花
・はさみ
・ボンド
・ピンセット

【あると便利】
・つまようじ
・ミニ花瓶
・ひも(飾る時に必要であれば)

今回、私は発泡スチロールのボールを軸にしました
直径5センチくらいで、
ゴルフボールよりちょっと大きいくらいのサイズです

発泡スチロールのボールは
ネットショップに色んなサイズがあので
お好みのサイズで大丈夫です

Ⅰ.茎をカットする

こちらは、プリザーブドフラワーのあじさいです

購入時は茎にお花がついている状態なので、
まずは茎をカットしてお花だけの状態にします

カット後はこんな感じになります

四葉のクローバーの頭だけの状態のお花が
たくさんできあがります

お花のサイズがバラバラだと
ボールにくっつけた時にちょっと飛び出たりして
まん丸にならないので、
大きすぎるお花は取り除きましょう

別で、大きいお花だけを使ったフラワーボールを
作ることをおすすめします

小さすぎるお花は目立たないので、使って大丈夫です

Ⅱ.ボールを固定する(必要であれば)

軸にするボールは丸いので、
固定しないと動きます

動いてしまって作業がしづらい!という方は
こんな風にボールにつまようじを刺して
花瓶などにつまようじを立てておくと
くるくる回らなくなって効率がアップします

でも、こうしなければ
作業ができないわけではないので
この工程は「必要であれば」で大丈夫です

Ⅲ.ボールにお花をくっつける

あとは、ボールにボンドでお花をくっつけるだけです

ボンドはお花の方につけても
ボールの方につけても
どちらでもやりやすいほうで大丈夫です

ただ、お花とお花の間隔はある程度統一したほうが
きれいに出来上がります

私の場合はこんな風に
花瓶に刺すつまようじを換えながら
くっつけていきます

フラワーボールに紐をつける場合は
ボールにボンドで紐もくっつけておけばOKです

最終的にはお花で埋まってしまうので
ボールと紐がくっついている所も見えなくなります

完成!

全面にお花がくっついたら完成です!

使うお花の色によって
雰囲気はすごく変わります

こちらの3つのフラワーボールは全部、
白・ピンク・水色・緑を使って作りました

何色かお花を用意しておくと
色んなパターンが作れて楽しいですよ♪

初心者におすすめのフラワーボール

初心者におすすめなのは
「あじさいのフラワーボール」です

あじさいは花材として
いろんな色のプリザーブドフラワーが
ネットショップで安く販売されていますし
お花がしっかりしているので
不器用な方でもまず失敗しません

”ちょっとやってみたい”方におすすめです!

興味のある方はぜひ、作ってみてしてみてください☺

2020年6月4日インテリア雑貨おうち時間, 趣味